Z'logs

自分がゲームをやってて何か思ったこととか戦術とかを書き留めて行きます。暴論・駄文注意。

何故か勝率の高いスクアッド

ども、ぜっとです

 

最近はPUBGのスクアッドにハマってて、組む人によって勝率が変わってくるんですけど、一番勝率高いメンツは個々の力はそうでもないのに勝率50%くらいあるかな?盛ってるかも笑

 

その人たちとは最近一緒に遊び始めたけど凄くやりやすいし勝率も高いし、なんでかなと思いまして、今回はそのことについてちょっとだけ考察をしてみました。

 

結論から言うとほかと違うところは、一試合の中での動き方に一貫性があるところでした。

安置に向かって動き続ける時は安置内でも有利ポジを取る為に動き続け、街中で立てこもる時は大きな動きはせずこもり続けていました。

せっかく4人いるんだし4人分の考え方をまとめてその都度の最善の判断をするのがベストなのかも知れません。が、どうにもその動きをしていると敵がいた時の反応速度が自分も含め遅れてしまっている気がするんですよね。敵の存在がイレギュラーになってしまっているんです。

ここで思ったのは、大事なのは「正しい動き」ではないのかも...?ということです。敵の存在がイレギュラーにならないこと、敵に対して素早い対応ができるように常に警戒できている状況を作ることが大事なんじゃないかなって思います。

その都度で行動を変えるとそのタイミングで何かしらのスイッチを切り替えないといけません。立てこもりから移動へシフトした場合には、建物内から敵を確認して交戦するスタイルから平地での遭遇戦へと、敵との出会い方が変わってきます。その切り替わりのタイミングで出会ったらサイアクです。ほぼ確実にやられます。やべえいるやん!っていう状況になるんです。これこそがイレギュラーですね。

ところが最初から最後まで戦闘スタイルの変わらない一貫性タイプだと、敵との出会い方に慣れていないタイミングはほとんどの場合序盤の物資回収フェーズのみです。「常に敵と遭遇する状況が一緒」だから「いきなり敵と交戦しても対応が素早くできる」んです。要するに試合の中での慣れってことです。

自分が指示を出せる人は、敵との出会い方が変わらない行動を提案していくといいかもしれませんね。

今回は、何故か勝率の高い分隊は一貫して敵との出会い方が一緒なので、その分敵への対応速度が早いから生き残って行きやすいのかな?というお話でした。